西伊豆 しおかつお研究会



 
しおかつおの歴史・しおかつおってなーに?

 
 
「しおかつお」とは、カツオを丸ごと塩に漬けこみ乾燥させ、作られる
カツオの乾干し、塩蔵品になります。


その歴史はとても古く、税金として京の都に送られたりしたのも
カツオの塩蔵品で、しおかつおの原型だと思われます。
カツオの塩漬けを干して、作られている「しおかつお」は、
西伊豆の田子地区で保存食として、作り続けられるようになったのは、
江戸時代からと文献には、書かれております。
鰹節の三大名産地の一つ、西伊豆田子地区の古来より伝えられた
加工方法を元に今も製造されております。西伊豆田子港は、
以前、良質のカツオがたくさん水揚げされ、鰹漁で栄えた漁師町です。
この町では、航海安全と豊漁豊作・子孫繁栄を祈願し、ワラでお飾りを付けた
「しおかつお」を飾りました。「しおかつお」は、縁起の良い食べ物として、
お正月の神棚に「正月魚」(しょうがつよ)と言う名前で、お供えされます。
お正月の三が日が過ぎると、神棚からおろし、みんなに振る舞う
伝統ある郷土料理でもあります。
その昔は、しおかつおは、田子地区の船員への雇用の証しとして、年の初めに
契約の品に使われたりしもしており、昔から、身近な食べ物として親しまれて来ました。

しおかつおは、「塩鰹・潮鰹」などと漢字で書かれておりますが、全く同じ物です。
漢字で記載する時、塩を使うお店と、潮を使うお店があり、古くからは、「塩鰹」です。
近年は、ただの塩にした鰹をイメージする事と、減塩ブームを意識して塩鰹を使わず
「潮鰹 しおかつお」と、するお店がある為2つの漢字が使われております。
また、「しおかつお」を商標登録するのために潮鰹の漢字を使ったりしておりますが、
塩鰹も潮鰹も全く同じ物になります。

食べ方としては、しおかつおを三枚に切り、好みの厚さに薄切りしてから・・・。
@切り身を焼いてそのまま頂く焼き魚。
A焼いた物をご飯にのせお茶漬け。
B切り身を、お酢で塩抜きし、酢の物で頂きます。

現代の食生活では、減塩志向ということも有り、食べる人が減少していまい、
たくさん製造しなくなりました。
現在では、地元で3社しか製造しておりません。
食べ方を間違えなければ、大変美味しくいただけます。

しおかつおの食べ方



しおかつお お飾り風景2010
 


すみません。。。編集中です。

 
 しおかつお 製造工程


すみません。。。編集中です。

 
 しおかつお研究会とは?
2009年7月 しおかつおの会(仮名)にて会を立ち上げました。

西伊豆にしかない伝統的な保存食品”しおかつお”を通し
伊豆の地域の発展に貢献していく有志の会です。

”しおかつお”ってどんな物か、どんな歴史があるのか知ってもらい知名度を
あげて行く活動を、活発に行って行きたいと思います。

知名度が上がるに従い、”しおかつおを食べたい人・見たい人・作りたい人”を増やし
地域の活性化や観光客の増加に貢献する会です。


西伊豆特産の”潮鰹・塩鰹(しおかつお)”を使った 西伊豆しおかつおうどんを中心に
”伊豆半島全体を元気にする”活動をしてまいります。
 しおかつお研究会にご参加ください。

西伊豆をはじめ、潮鰹・塩鰹(しおかつお)を使った商品・食品を、

共に広めて行く活動に、ご賛同頂ける皆様のご参加を是非お願い致します。

多くの方のご協力があってこそ成り立つ会です。是非、ご協力頂ければと思います。

 しおかつお研究会にのこれから


○しおかつおを使った、新商品作りや飲食店向きの食べ物の提案

○しおかつおの会の会員を広く集め、地域で協力出来る体制を作る。

○しおかつおを広める工夫・イベントなどに参加して行く。



西伊豆しおかつお研究会へ
お問い合わせ